薬剤師と看護師

薬剤師は、そもそも、一人で業務をこなすというものではなく、医師や看護師らと共に、多職種連携で仕事を行うようになっています。大学病院の薬剤師についてはココにも書いてありますね。 その代表的なものが、在宅医療であり、在宅医療とは、そもそも入院をせず、自宅にとどまる患者さんに対し、医師が往診をし、治療をする方式となります。

通常、この在宅医療とは、主治医と副主治医、看護師、薬剤師が加わり、複数の存在が関わり、医療チームを作り治療に臨むこととなります。 しかし、そもそもこの、在宅医療に薬剤師が加わる事には、どんなメリットがあるのか? 在宅医療に薬剤師が携わる事により、医師または、看護師が悩む事となる薬の管理問題等がまず、解決できる事となります。

調剤薬局の場合は、患者さんに薬を処方し渡す、というのが仕事となりますし、それで仕事は終了となりますが、在宅医療とは、実際にきちんと薬を飲んでもらえているのか、という事までが課題となるため、例えになりますが、認知症の患者は飲まないと言われていますから、そうした事実が本当に存在すれば、その原因を探って、誤解などが生じているのであれば、その誤解を解き、薬を飲んでいただくという重要な責務になります。

しかも、中には、色々な薬を併用している場合も少なくありませんから、同一の効果のある薬を省く、という事ができるのも薬剤師の仕事であり、こうした薬剤師の働きにより、看護師は、看護師本来の仕事にも専念できるようになります。 こうして、医療のチームに薬剤師が加わることにより、薬剤師の業務領域自体をも広げる事となり、何より今まではカウンター越しによる仕事しかできなかった調剤薬局の薬剤師にも、薬剤師そのものの仕事の幅を広げ、薬剤師における業務領域も広げるチャンスでもあり、薬剤師が、外に出られるチャンスでもあるという事なのです。

そんな中、特定看護師の資格の制度化も進められ、十分な実務経験がある看護師は、専門教育を受け、それを取得する事で、医師に許されている医療行為の一部が認められる事となります。 こうした制度化が勧められ、実現したとすれば、当然看護師は医師に近い業務に携わる事ができる一方で、薬剤師もまた、点滴のボトルを交換というような、看護師の業務の一部を担う事もあり得るという事なのです。 要するに、今後は、薬剤師も単独で業務を行う、こなすということだけでなく、他職種連携による仕事が多くなる、そうした機会が今よりも更に増えていくという事が予測できるのです。

サイトMENU

Copyright (C) 2007-2016 増毛総合情報. All Rights Reserved.